自動車学校に通って免許を取る

通いで運転免許を取るメリット

運転免許を取得するためには、自動車教習所で教習を受ける必要がありますが、通いと合宿という2つの方法があります。通いの最大のメリットは、自分でスケジュールを調整できる点です。空いた時間を利用し、自分のペースに合わせた免許取得が可能なので、忙しい社会人や主婦でも免許が取れます。また、大学生であれば、授業やアルバイトをする合間に教習を受けることもできますし、サークル活動の妨げにもなりません。そして、じっくりと学科を勉強できるので、学科試験の合格率も上がります。他にも、自分が住んでいる地域や通勤・通学で利用する土地など、見慣れた場所で教習できるので、土地勘が備わっており、路上教習では有利になることもあります。

通いのデメリットにはどのようなものがあるか

様々なメリットがある通いですが、デメリットも存在します。一番のデメリットは、費用の問題です。30万円前後が相場で、追加教習などは別料金になっています。また、仮免許の期間内に免許取得ができないと、余計な費用もかかります。そして、教習所の繁忙期では、乗車予約が取れずに技能教習を受けられない場合もあります。さらに、次の教習まで時間が空いてしまうというデメリットもあります。仮免許や本免許の学科試験は筆記試験であるため、記憶力が重要ですが、時間が空くと教習の内容を忘れてしまいがちです。そのため、日々の復習が大切です。他にも、レジャーやサークル活動などを優先してしまうため、集中し続けることが難しいというデメリットにも考慮する必要があります。