MT免許の場合の特長と条件

MT免許とAT免許の違いとは

これから運転免許を取得しようと考えている方も多いかもしれませんが、まず考えるべきは、MT免許とAT免許のどちらを取得するかを決めることです。若い方々の中には、マニュアル車についてあまり知らないという方も多いかもしれません。通常、自動車はギアチェンジをする必要があります。まず初動は低いギアから開始し、加速してきてから徐々に高いギアに変えていくという操作が必要になりますが、これを自動で自動車が判断して行ってくれるのが、AT、いわゆるオートマチック車です。最近販売されている一般的な乗用車は大半がこちらになっています。マニュアル車はこのギアチェンジを手動で行ないます。クラッチ踏み込みとギアレバーの操作が必要になります。

MT免許取得時の注意点

MT運転免許を取得しておいた方が、免許取得後どの車でも運転できることになります。AT車が主流になってきているとはいえ、まだまだMT車も市場で出回っているのが実情です。現状、運転免許取得者でMT免許を取得する方は、全体の半分程度だといわれています。
MT免許の方が技能講習の時間が多くなるため、教習所に通う時間も長くなり、伴って教習費用も高くなります。運転免許を取得して自家用車を運転する際に、AT車しか乗る予定がないのであれば、無理にMT免許を取得する必要はないかもしれません。AT車が主流になっている事実に変わりはなく、今後もその傾向は続いていくことが予想されますので、大きな問題にはならないと思います。十分検討の上、決めてみてください。