通いと合宿の選び方

通学で免許を取る場合の見極めのポイント

運転免許の取得は大きく通学と合宿の2種類の方法があります。免許を取るという意味ではどちらも同じですが、選び方によって取得までの期間や費用面で大きく違うのが特徴です。 通学で免許を取得する場合の大きなメリットの一つとして自由さが挙げられます。通学は取得に必要となる学科や実習の授業を毎回自分で予約をするのが基本となります。自分の予定に合わせて進めて行けるので無理のない形で取れるのが魅力です。その反面、週末や学生の長期休み時は利用者が集中することで希望するタイミングで取れないケースも珍しくありません。そのため、繁忙期でも予約がスムーズに取れる所を選ぶことが大切です。 また、通学は取得までの数ヶ月間に何度も通わなくてはいけないので、交通費の負担も考慮することが重要となります。

合宿での免許取得で重視する点

免許の取得で合宿を利用する大きなメリットが期間の短さです。通学が自宅から通うのに対して、合宿は文字通り教習所の指定する施設で宿泊する形になります。学校の授業のように朝から夕方までスケジュール通りに授業を受けることで数週間という短い期間で取得できるのが特徴です。
必要な費用も通学に比べて数万円以上安くできるのもメリットの一つに挙げられます。
とはいえ、一口に合宿と言っても費用はもちろん、ホテルや旅館など使用する施設にも違いがあるので注意が必要です。そのほかにも、自炊用のキッチンの有無や部屋の利用人数といった細かい部分にも違いがあります。
他の人との相部屋や大勢での食事に抵抗を感じる人は、シングルルームで自炊ができる所を選ぶなど、自分の希望する条件の教習所を見つけることが大切です。