AT限定免許の特長と条件

オートマチック車しか運転ができない

スポーツタイプの自転車の後輪などを見ると複数のギアがついているのがわかります。自動車やバイクも同じようにギアが付いていて、運転状況に合わせて切り替え無ければいけません。人がギア操作をしないといけないのがマニュアル車で、自動的に行ってくれるのがオートマチック車になります。AT限定免許を取得したとき、オートマチック車しか運転できないのでマニュアル車を購入したり仕事で使ったりはできません。では購入の時に困らないかですが、普通乗用車の販売比率としてオートマチック車が90パーセント以上を占めている状況です。同じ車種においてもマニュアル車しか販売されていないケースは非常に少なく、車購入時に困るケースはほとんどなさそうです。

免許取得時の無駄を減らせる

始めて車の免許を取得するとき、コースとして通常コースとAT限定コースが用意されています。多くの教習所ではAT限定コースの方が料金が安くなっていて、卒業に必要な単位も少なく早めに卒業できるでしょう。マニュアル車だとクラッチ操作が必要になるためそのための教習がありますが、オートマチック車はクラッチ操作が不要なのでその分の教習時間や教習費用が節約できます。将来的に大型車の免許を取りたいときや車の運転の仕事に携わりたいなら、マニュアル車の運転機会もあるでしょうから通常の免許を取る意味もあるでしょう。しかし自分の車を運転する程度の利用のためならほぼオートマのみで済ませられます。効率を考えるとAT限定を選ぶ方が良いでしょう。